深度合成とか焦点合成とかいうやつ

[写真関連雑記]
やや前から気になってた深度合成で遊んでみる。
ちょっとずつピントをずらした写真を大量に撮ってソフトで合成するアレ。

栗(型)まんじゅう

ターゲットは今一押しのスイーツ、栗(型)まんじゅう。
お彼岸とお盆にしか売っていないレア物である。

栗(型)まんじゅう

フォーカスリングでピントを適当にずらしながら14枚ほど撮影して合成。
結構よさげに合成できた。
フォーカシングレールも使ってみたけど、撮影サイズが変わりすぎるので今回はお蔵入り。

さて、ここからが本題。
本来ミクロの世界で使われることが多い深度合成だけど
そこらへんにはいまいち興味が無いのでフィギュアで試してみる。
※ 画像をクリックすると大きい画像を表示します

向坂環
絞りF2.8で撮影したもの

深く考えないで、とにかくやってみた。
途中で色が変わると厄介そうなので、マニュアル露出とホワイトバランスを色温度で固定。
絞りがF2.8で撮影枚数は88枚。

向坂環
絞りF2.8で撮影した88枚を合成したもの

台座のエッジとふとももが交差してる所が破綻してる。
背景にコントラストの高い物があるとダメっぽい。
ところどころに塗装の剥げたような模様も発生している。

向坂環
絞りF4.0で撮影したもの

今度は背景が白一色になるようにセット。(色かぶりしてるけど・・・)
ついでに絞れば少ない枚数でも綺麗に合成できるのか試す。

向坂環
絞りF4.0で撮影した32枚を合成したもの

向坂環
絞りF8.0で撮影した14枚を合成したもの

結果、絞って枚数少なくした方が破綻が少なく綺麗に合成できるっぽい?

2013.09.21
posted by Nekomori|写真関連雑記